【ワクメ体験談】青梅まで遠征に行ったらデブスが出てきた話

ワクメで出会った青梅のデブス
今回は、ワクメで知り合った女の子とセックスするために、青梅市まで遠征に行った話を紹介するぞ~。

女の子のデータ
名前:忘れた(21)
職業:居酒屋店員
体型:デブ
顔面偏差値:40
オーキトのことば:

はかせ
はかせ
デブスでメンヘラという救いようのない事故物件じゃ。しかも片道2時間かけて青梅まで遠征に行ったのにゴネられた挙句・・・認めたくない若さゆえの過ちの一つじゃな。

ワクメで出会った女と会いに青梅まで行くことに

あれはまだワシが出会い系を始めて1年も経っていなかったころの話じゃ。

暇な大学生だったワシは、いつものようにワクメでプロフ検索して、ログイン中の女の子にメッセを送りつける作業を行なっていた。

その日は調子が良く、3通ぐらい返信が返って来たが、結局ワクメのメッセからLINEに誘導できたのは一人だけじゃった。

ワシはさっそくその子にLINE電話してみると、

ワシ
ワシ
〇〇ちゃんこんばんは、今何やってんの?

 

え、今?今は携帯いじってたよー笑
(女の子)
(女の子)

 

ワシ
ワシ
マジでー?俺と同じじゃんw超偶然だねー

 

そうだねwww
(女の子)
(女の子)

こいつはワクメで出会った女の子のなかでもちょろいほうじゃった。
トークスクリプトで会話も盛り上がり、
デートに誘ってみると

ワシ
ワシ
ねえ、〇〇ちゃんっていつも暇なの?

 

バイトがあるから結構忙しいかな
(女の子)
(女の子)

 

ワシ
ワシ
一人暮らしでバイトしてると忙しいよねー

 

そうなの
(女の子)
(女の子)

 

ワシ
ワシ
いや、暇なとき遊びに行こうかと思って

 

じゃあ、青梅まで来てくれるならいいよ?
(女の子)
(女の子)

 

ワシ
ワシ
青梅?青梅に住んでるの?新宿とかじゃダメなの?

 

うん。私、前付き合ってた人に暴力振るわれてたから、男の人と会うのが不安なんだ。でも、オーキトー君はいい人そうだから、青梅の私の家に来てくれるならいいよ
(女の子)
(女の子)

 

かなりメンヘラ臭がする会話内容じゃったが、ワクメで釣れる女なんか基本メンヘラじゃ。
それに、家にダイレクトで入れてくれるのなら話は早い。

おそらく行けばそのままセックスできるじゃろう。

ワシの家から青梅までかかる時間を調べると、なんと一時間半

ワシは少し迷ったが、ワクメで出会った女とセックスするため、遠征旅行に出かけることにした。

いざ東京の最果て「青梅」へ

ワシは電車に揺られて青梅まで向かった。

電車から見える景色がだんだん田舎になって行き、最終的にワシの三重にある実家の周りと変わらない景色になった。

青梅について彼女に連絡すると、

アパートまで来て
(女の子)
(女の子)

と言われた。駅からしばらく歩くと、小綺麗なアパートがあり、そこに彼女が住んでいるという。

ワシはそこに向かい、インターホンを押すと彼女が出てきた。

彼女は絵に描いたようなデブスで、顔はいつもストッキングを被ったような感じのどこにでもいるブタ女じゃった。

さらに、手首にはリスカの痕があった。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。