出会い系やマッチングアプリに処女はいる!ヤレる攻略法を紹介!

更新日

今回は、出会い系で処女と出会うことができるのかということについてじゃな。

出会い系に処女はいるッ!!

結論から言うと、出会い系に処女は存在する。ワシも出会い系で何度も出会ったことがあるし(セックスできなかったが)
何人も処女とセックスしておる人も実際に存在する。

実は、出会い系やマッチングアプリには、結構な割合で処女が存在する。

少なくとも、ギャルなどのヤリマンビッチよりもずっと数が多いことだけは間違いない。

出会い系に処女が多い・・・

一見とても信じがたいが、よく考えてみるとこれは当たり前の事象なんじゃ。

処女が出会い系に登録する心理

処女が出会い系に登録するのは、男性経験がない自分にコンプレックスを感じるからじゃ。

周りの友達が彼氏と楽しく遊んでセックスしているのに、自分だけ一人ぼっち。いつまでも彼氏がいないのは、私に魅力がないからに違いない・・・

でもリアルでは出会いがなかったり、単純にモテなかったりでどうしようもないから、出会い系に登録すると言うパターンじゃな。

つまり、男が童貞でいるのをコンプレックスに感じるのと同じように、女も処女にコンプレックスを感じると言うわけじゃ。

これは実際出会い系やマッチングアプリをやっているとわかるが、プロフィールに

女の子
女の子
「今まで男性とお付き合いしたことがありません」

と書いている女の子は意外と多い。まあ、出会い系は援デリ業者のなりすましという可能性もあるが、ワシの経験上処女になりすます援デリ業者はほとんどいない。あいつらも商売でやっとるから、処女よりもヤリマンビッチを演じる方が男の食いつきがいいことが分かっておるんじゃな。

とにかく、出会い系やマッチングアプリには男性経験が全くない処女は結構いるから、実際にデートしてバージンを奪うことも不可能ではないという訳じゃな。

出会い系にいる処女の攻略法

当たり前の話じゃが、出会い系にいる処女は普通の女の子よりもかなり警戒心が高い。
そのため、いつもよりもかなり慎重に攻めないといけない。

具体的には、プロフィールを作り込むだけではなく、
出会い系内の日記を毎日書いたりして、安心感を出すことも必要じゃ。(詳しくはこの記事を参照)

また、処女は男と会うのを恐れるから、デートのお誘いは慎重にすることじゃ。

最初はランチとかから始めて、セックスを狙うのは2回目か3回目にすると上手く行くぞ。

あと、警戒心を和らげるために、別の場所に住んでいることにする(本当は東京住みなのに大阪に住んでいることにするなど)「妄想遠距離恋愛」もかなり有効じゃ。

ただ、中にはコンプレックスが強く、処女を捨てることを焦ってしまう女の子もいる。そういった子はスムーズにデートまでこぎつけることもある。ただ、いざセックスに誘うとなると非常に警戒心が強いから結構手ごわい。ワシも家に連れ込むまではうまくいったんじゃが、結局拒否されてしまい上手くいかなかった。

処女を捨てたいとアピールする奴は業者確定!

ただ、出会い系で処女をアピールするのではなく、

女の子
女の子
処女です。だれかもらってください

みたいに処女を捨てることをアピールする奴は業者確定じゃからメールを送っても無駄なことが多い。

あと、最初から処女だと判明しているのではなく、メッセージを重ねたり、デートをするうちに処女であることが判明するケースがかなり多い。

まあ、別に処女だろうがなかろうが穴があれば同じじゃから、そこにこだわる意味がわしにはよくわからんのじゃがな。

出会い系にいる処女はもれなくブス

出会い系はモテない男女のポケチンしゃぶり場じゃというのは、このサイトの定説じゃ。

じゃから、モテない典型である処女や童貞がたくさん集まってくるのは必然なんじゃ。

ただ、出会い系にいる処女は、はっきり言って誰にも相手にされなかった売れ残りじゃ。

そのため、まず間違いなくブサイクじゃから、そこは妥協するしかないぞ~。

では、今日はこの辺で。みんなもヤリマン、ゲットじゃぞ~。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。