出会い系を数年ぶりに再開した結果・・・

更新日

出会い系を引退したワシが、久しぶりにワクメで女の子を釣ってみた。
結果はもちろん、いつもの一発ツモじゃった。

出会い系引退から現在までの経緯

ワシは大学卒業とともに、出会い厨生活にピリオドを打った。

理由はいろいろあるが、一番の理由は好きでもない女とセックスするためだけにいちいちやり取りするのが面倒くさくなったからじゃ。

学生なら時間は無限にあるが、社会人だと忙しいから、自然と出会い系にログインする回数も減り、フェードアウトしていった。

じゃが、最近このサイトを運営するにあたって、退会していたワクメやpcmaxに再び登録。

プロフ検索すると、つい

ワシ
ワシ
これヤレるんじゃないか?

 

ワシ
ワシ
こいつは素人っぽく見せてるけど、多分援交だな

とか昔の血が騒ぎ出す。

さらに、ワシは最近オナ禁を始めており、ムラムラ度がピークに達してしまった。

ついにワシは

ワシ
ワシ
自分でオナニーできないなら、出会い系で誰かに抜いて貰えばいいんじゃね?

という結論に至り、数年ぶりに出会い系を使うことを決意した。

ワクメよ、私は帰ってきた!!!

ワシが選んだ出会い系は、かつての相棒であるワクメじゃ。

さっそくワクメにログインして、女の子にメッセを送りたいところじゃが、まずはプロフを作り込んでゆく。

出会い系に登録している女の子は、最低でも一日数十通は男からメッセが送られてくる。

じゃから、いかに他の男と差をつけられる、目立つプロフを作れるかがカギとなる。

そこで今回ワシは、

ピッコロさん🎵

というニックネームで、

プロフ内容も

ワシ
ワシ
都内に住んでいるピッコロ大魔王の生まれ変わりだよ!趣味はお花摘みと映画観賞だよ!休日はひたすらアリの巣を観察しているよ!

みたいな感じで、笑いを取るためだけに最適化した。

ワクメで面白い日記を書く

次にワクメ内で日記を書く。出会い系にログインしてみるとわかるが、99%の男は日記を書かない。しかし、女の子は意外と日記をつけていることが多い。

つまり、出会い系では日記を書いり、つぶやき機能でくだらないことをつぶやいた方が圧倒的に好感度がアップする。

日記の内容も

ワシ
ワシ
松屋で牛飯頼んだら肉が乗ってなかった。これただのご飯じゃねーかチクショー!

とか、適当に面白い内容じゃ。

あとはこんな日記を3つぐらい書けば終了じゃ。

ワクメのプロフ検索で女の子を探してみると・・・

あとはワクメのプロフ検索で女の子を探すだけじゃ。

久しぶりに検索して思ったのは、ここ数年でパパ活とかの援交乞食が急増しておることじゃ。

ワクメには援デリ業者はいないが、個人で売春する女はかなり多い。

これでもワクメとかよりはマシじゃが・・・

おそらく写メありでそこそこ可愛い女の子の9割以上はクソッタレ援交乞食女じゃ。

じゃが、タダでセックスできるヤリマン女も、まだまだワクメには生息しておるはずじゃ。

ワシは昔のように

写メなし
プロフ短め
エッチなことが書かれていない
年下
ログイン中

上記に当てはまる女の子を探してみると、

ワシ
ワシ
これはイケるな

というアカウントを発見!

ワシはすさまじい修行を繰り返したお陰で、セックスできそうな女の子を一目で見分けることができる。

お前さんにもこの感覚を教えてあげたいが、こればかりは長年の経験で培われたものじゃから、口では説明できない。

あとはこの子に

ワシ
ワシ
〇〇さんこんにちは。ピッコロ大魔王です!僕もカラオケ好きなんでよかったらメールしませんか?

という相手の名前と共通点を書いた、簡潔なメッセを送るだけじゃ。

果たして、女の子から返事はくるのじゃろうか?

ワクメからすぐ返信が!

結果はもちろん大成功じゃった。

メッセを送るとすぐにワクメの女の子から

(女の子)
(女の子)
面白い人ですね!いいですよー

みたいなメッセがきた。

あとはLINE電話してデートに誘えばこれでフィニッシュじゃ。

その後その女のことも無事セックス

しかし、仕事をしながらこのサイトを運営しているワシには、もう女の子とメールする暇なんかなかった。

じゃから、すっかりやる気をなくしてしまい、今は返信せずに放置していたが、この女の子に再度連絡を取り、セックスすることに成功!
その一部始終はこちらの記事から読むことができるぞー。

まとめ

久しぶりにワクメを使ってみたが、現役の頃と同じ、たった一通メッセするだけで返事が返ってきた。

ワシのパワーはまだ衰えていないし、やり方も全然通用するということが証明されたというわけじゃな。

では、今日はこの辺で。みんなもヤリマン、ゲットじゃぞ~。

>>>ワクメに登録して、今すぐヤリマンとセックスする

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。